ツルバダ配合錠のジェネリックはどこで購入できる?

ツルバダ配合錠はHIV治療薬であり、予防薬としても注目されています。
しかし、日本では予防効果に関してはあまり注目されていないのが現状です。
日本ではツルバダ配合錠をHIV予防薬として承認することで、
ツルバダ配合錠を服用していればHIVに感染することはないと考えて
コンドームの装着率が落ちることでその他の性感染症が広がってしまう懸念が
議論されていることに加えて、ツルバダ配合錠は現在1錠4000円程度するので
仮に予防薬として効果が認められたとして導入は現実的ではないのが理由です。
日本では予防医療に保険が適用されないため。
ただ、HIVの感染率が高い男性同士の性交渉を行っている人達からすれば
少しでもHIVの感染を予防したいと考える人は多いでしょう。
同性同士だけではなく、不特定多数の人と性的関係を持つような職業に
就いている人にとってもHIV感染は大きなリスクと言わざるを得ないでしょう。
そんな中で、ツルバダ配合錠に代わるのがテンビルEMという薬です。
厳密に言えばツルバダ配合錠のインドジェネリックがテンビルEMになります。

インドで製造されているジェネリックと聞くと、
「口に入れるましてや薬なのにインド製で大丈夫なの?」と
疑問に思う方も多いかもしれませんがインドは世界で第4位の製造量を誇る
医薬品大国と言ってもいいほどで、その製薬技術は世界から注目されています。
しかも、インドのジェネリックは安いのでここで紹介しているツルバダ配合錠の
ジェネリックであるテンビルも1錠200円程で個人輸入が可能となっています。

関連:ツルバダジェネリックのテンビル個人輸入ガイド